40までにしたい10のこと

子育て、親業、プロボノ活動など、日々のことを記録していきます。

【NHA実践日記】ほめられるのが苦手な次男

次男はほめられるのが苦手。注目されることも嫌い。

運動会のお遊戯ではまだ一回もまともに参加できておらず、

このまま卒園式までいってしまったらどうしよう!!と本気で心配しています。

 

かたやなんでも最前列で楽しむ長男。

兄弟の扱いの違いに頭を悩ますことも多いです。

 

NHAを実践しようとして

「わ~!○○できたんだね!がんばったね」と次男をほめようものなら

「ちがう!できてない!」と突っぱねられ、

う~~ん、難しい。

 

私のほめ方があざとかったのか…

次男のようなタイプは届かないのか…

(性格や過ごしてきた環境などにより、NHAへの反発が大きい人がいるようです)

 

次男はちょっと自分に自信が無いというか、

目指すイメージが高すぎて、それと比べてしまって落ち込んでしまってる感じ。

 

自分よりなんでも上手な兄がいる弟という立場も相まって、

「僕なんか…」と、引け目を感じているのかな~と。

 

(長男は「できなくたってしょうがないじゃん!俺は俺!」と突き進めるタイプ)

 

 

だから

(本当はもっとうまくできるのに!)

(こんなのでほめて欲しくない!!)

(恥ずかしい!!!)

と、ほめに反発してしまうのかもしれません。

 

 

とは言っても、NHAをあきらめたくないし、

次男にこそ自己肯定感を身につけて欲しい!!と

ほめるコミュニケーションを心掛けていたら、ここ最近ちょっと変化が。

 

昨日も自分でパジャマを出してきてくれて、(さらに長男の分も)

自分で着替えて、自分で染め出しをつかってほぼ完ぺきに歯磨きができた次男。

 

夜は気力体力が一層なく、自分たちで身の回りのことをしてくれるのは

本当に助かったので、思いっきりほめて気持ちを伝えたら、

とってもうれしそう。

 

そのあと寝るまで布団のなかで何度も

「今日は自分でできたよね」「えらい?」

と聞きかえして、その都度満足げ。

自分でできたことがとってもうれしかったんだなあ、と。

(そりゃ言われてやるのは嫌だよね)

 

他にもお手伝いをしたがったり(ありがた迷惑なのはぐっとこらえて…)

自分から園でできたことを話してくれたりと、

前向きな姿勢が多くなってきたかも?

 

たまたまなのかもしれませんが、

やっぱり効果はあるのかな、と。

 

やっぱり、ほめられてうれしくない人はいないのだな。

 

 

 

(おしまい)