40までにしたい10のこと

子育て、親業、プロボノ活動など、日々のことを記録していきます。

「ダメだなー、お前。こうやるんだよ」の「ダメだなー」は、いらない。

今朝の自分の言動を反省しつつ…

 

 

いつまでたってもタラタラ朝の支度をする長男。

終わったらテレビ見ていい?と聞かれ、イラっとして「ってかあんたその格好で学校行けると思ってんの!?」と思わず強い口調で問い詰めてしまいまして。

 

なんだかな~…冷静に振り返ると、質問に答えてすらいないし、本当にいらないことばっかり言ってる。

「学校に行ける支度が全部終わったら、30分までどうぞ」と言えばすむこと。

感情をぶつけてしまったことに、猛省です。

 

 

本当に必要な情報だけ話せば、いいのです。

 

ダメ出しは、いらない。

 

 

「何やってんの!?」

「ぐずぐずしないで」

「本当におバカさんだね」

「ちゃんとやりなさい!」

「ほら、ごらん!」

「失敗すると思ってたよ」

「あああ~~~(しかめっ面)」

 

よく言ってしまうやってしまう言葉たち。

 

タイトルは朝の登校中、出会った長男の友達が彼(長男)にいった一言。それを聞いたとき、私が想像している以上に、長男は学校や家の外で「ダメ出し」をくらっているのではないかと思いました。先生はおろか、友達やその他いろいろな人に。

 

 

ダメ出しって、いりますかね?

いらないですよね?

 

スポーツ観戦で「何やってんだよ」とか「下手だな」とかよく聞きますが、あれが苦手で。一生懸命プレーをしている選手に本当に失礼だと思うのです。だって一番悔しいのは本人なはずだから。言われなくてもダメだったことは気づいているし。だから周りが言う必要はないのだと。

 

せめて師匠とか、親方とか教える立場の人だったら100歩ゆずって言ってもいいかもしれません。そのあとちゃんと教えてあげるなら。

 

でも周りで見ているだけの人とか、親とか、それについて絶対的な答えを知らない人はダメ出しはするもんじゃないと思っています。何か言いたいなら、正しいやりかたを教えてあげるだけでいいんだ。

 

そう思っているのに、言っちゃう。

私も今朝また言っちゃった…

 

どうしてだろう。

 

きっとそれはその人の心の不満が原因で結局ストレス発散をしたいからなのだと思います。八つ当たりだよね。ああ、本当に反省。

 

ダメ出しする人は、イライラがたまっているんだわ。心のイライラは、人に当たらず自分の中で解決したいものです。それが大人というものですね。

 

 

人のふりして我がふりなおせ。

今週はダメ出し、意識して言わないようにするぞ!

 

 

 

 

 

おしまい