40までにしたい10のこと

子育て、親業、プロボノ活動など、日々のことを記録していきます。

ガチャガチャとかゲーセンとか

が嫌いです。
でも子どもは大好き。

映画館とか遊園地とかスーパーでさえ、
いたるところにやつらはいる。

その度に、やりたいーと言われ、
ダメよ、というと残念そうな顔。

ああ、もう、何が嫌だって、
お金を使うことより、
がっかりした子どもの顔を見るのが嫌なのです。

そこにガチャガチャがなかったら、
子どもががっかりすることもなかったし、
私も嫌な思いをすることはなかったのに、と。


さっきも土産物屋さんで長男に、
ガチャガチャではないのですが、
金属製のキーホルダーを買って~とねだられ、
ああ、またか、と。


「買ったものを無くしたり、壊れたりして遊ばないまま、家にたくさんあるでしょう?
ママは それが本当にもったいないと思ってて、残念に思う。
そうではなくて、長く遊べるレゴや本当に欲しいものを誕生日とクリスマスに選んで欲しい、だから買いたくない。」

必死に考えた私メッセージだったけど、
うーん、いまいちです..

それでも長男は結構アッサリ、
「いらない」と。
(私が、がんとして買わないのを知ってるからかな)


お金が無いんじゃなくて、
完全に価値観の問題だから、本当に難しい。

刹那的な楽しみを持つのは否定しない。
だって、欲しいという感情は悪いことじゃないから。
さっきも、まず受け止めが必要だったと、反省。

その上でしっかり私の気持ちを伝え、繰り返していくしかないのかな。と。

で、
どーーーーしても欲しい、とか、
お友だちが買ってもらっているとかだったら、「今回は特別」として、たまにもありかな..。

以前うちの子だけ我慢させてしまって、自分でもそこまで意固地にならなくても良かった、と反省したことがあり。

この辺の価値観は、家庭によって全然違うので、本当に難しいです..。


自分から見てすごく無駄に思えてしまうことに、お金を遣うことにものすごい抵抗感。

でも私から見て無駄なことが、相手からみたら無駄じゃないことだってたくさんある。

ガチャガチャも、
子どもが「つまんないことに遣っちゃったなぁ、だったら他のものを買えば良かった」という気づくためには有効なのかも??


将来、お小遣いをこどもに与えるようになったら、たとえその日のうちにガチャガチャで全財産遣ったりするようなことになろうとも、げんなりすまい。

だって、それは子どもにあたえたお金だから..。
はっきり「勉強代」と割りきらなくてはなあ。


ああ、考えただけでもげんなり(笑)

価値観の対立は苦しいです..


おしまい