40までにしたい10のこと

子育て、親業、プロボノ活動など、日々のことを記録していきます。

渡井さゆりさんの本を読んで、普通の私ができることを考えた。

NPO法人「日向ぼっこ」の元代表、渡井さゆりさんの本を2冊読みました。

 

プロボノ活動のため、

虐待や家庭の都合で児童養護施設に通う子どもたちへの理解と、

彼らについて何ができるのかを探りたいと思い読みましたが、

最初に読んだ『「育ち」をふりかえる』で、軽く打ちのめされました。

 

普通の愛のある家庭で育った私が、彼らの痛みを本当に理解することは、とうてい無理だろう。


心の底から人を信じられなくなっている人に、私の言葉は伝わるのだろうか。


彼らを傷つける結果につながってしまうのではないか。

 

そう、思いました。



でも2冊目『大丈夫。がんばっているんだから』では

彼らが必要としているであろうサポートが書かれていて少し安心できました。

 

渡井さんが、グループホームの職員の方に、

お母さんの言動

(お母さんはおそらく精神を病んでいると、記述がありました)について悩みを相談したとき、

 

職員の方は

「さゆり、お母さんは仕方がないんだよ」

と、慰めたそうです。

 

純粋に勇気づけたくてそう言ったと思いますが、

さゆりさんは

「その、母親の仕方なさにずっと振り回されてきたのだ」

「施設の職員さんでもわかってもらえないのなら、

母のことは誰に話してもわかってもらえないな」

と深く失望してしまいます。

 

「今思うと、この時の私はただただ聴いてもらいたい、

一緒にこのことを考えてもらいたかったのだと思う」と。

 

「そうだね。

さゆりもそれでしんどかったんだから、

妹や弟も同じことで苦しまないか、心配だよね」

などと受けとめてもらいたかったのだろう、と振りかえっています。

 

渡井さんが、NVCをご存知かどうかはわかりませんが、当事者がそういうなら間違い、と。

人を癒すのは、やっぱり共感なんだと。

 

「がんばれ」じゃない、

「こんなにがんばっているんだから、少し休んでも大丈夫だよ」と言って欲しい、ともありました。

 

自分を信じられない人は、他人からの承認でしか自分の価値を測れません。

そしてそれはとてもつらいこと。いつまでたっても満たされることはなく、

ぼろぼろに疲れても、休むことに罪悪感を覚え、自己嫌悪に陥り、死を考える。

 

「一生懸命生きるから、早く終わりにしてください」という彼女の言葉が印象に残りました。

きっと、今苦しんでいる子どもたちは多くがそういう思いで生きているのだろうと。

 


私にできることは、


彼らに決して「がんばれ」とは言わないこと。

励ましたいのならば「応援してるよ」と示すこと。

もし相談されたら、解決じゃなく、とにかく話を聞いてあげること。

そのために、親業やNVCを勉強し続けること。

プロボノを続けて彼らに「一人じゃない」「助けたいと思っている人がいる」と感じてもらうこと。


とりあえず、それくらいしか思いつきませんが、

親業やNVCに通じる言葉をこの本でも読めたのは救いでした。


 

渡井さんは今では活動を引退され、母親としてゆっくり生活を楽しまれているとのこと。

自分の力で幸せをつかんだ彼女の強さ、尊敬します。


いつかどこかでお会い出来たら、

「この本を書いてくださってありがとう」と、お伝えしたいです。

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

夏休み初日!

長男(小2)が夏休みに入り、最初の平日朝。

 

 

「毎日やること」の欄になぜか「風呂掃除」と記入。しかも朝やるんだと。

 

絶対無理だと思いつつ、やる気をそぐのももったいないので、今朝起こすときに「風呂掃除する?」と声をかけると「やる!」とがぜんやる気。

 

まだ寝ぼけている次男を起こしにかかり(どうやら一緒にやりたいらしい)、意気揚々と素っ裸で風呂掃除スタート。

 

15分くらいして、完全に水遊びになっとる・・・。やっぱりね。

 

まあ、寝汗もすっきりするし、風呂を洗ってくれるのは助かるので、いいか。

 

風呂場も自分の体もきれいさっぱりになった二人、そのあとテレビを見て、ばたばたと準備し(結局ばたばたする)三人で家を出る。

 

いつもはお友達と走って行ってしまう通学路も、夏休みだからだれもいない。親子だけでゆっくり今年の夏にやりたいことなんかを話して、虫を追いかけたり、草をつんだり。(今朝は涼しくて助かった!)

 

友情も大切にしてほしいけど、息子とのんびり通学路を歩くのは至福。いつまで一緒に歩いてくれるのかな。

 

途中で長男と別れ、次男と保育園へ。いつもより遅い時間だからほかの子供たちもたくさん登園していて、庭で遊んだり話しかけてくれたり。いつもは別れを渋る次男もお友達がいるからか、すっと離れて行ってくれて笑顔でバイバイ。

 

ちょっとなんだか信じられないくらい気分の良い月曜日の朝!!!なんて素敵なスタート!!

 

これ、2学期が始まっても継続してくんないかな~…

私がもう少し会社をのんびり始められたらいいのかしら。思い返しても私に心のゆとりがあったから、あの朝があったのだと。

 

もう少しゆとりをもって生きたいわ…。

 

そんな夏のスタートでした。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

息子からの手紙

小2の長男から、手紙をもらいました。

学校の宿題とのこと。

 

***

お母さんとお父さんへ

 

いつも、しごとでお金をかせいでくれて「ありがとう」。

 

いつも、ごはんを作ってくれて「ありがとう」。

 

いつもわらわしてくれて、おもしろいね。

 

原文ママ

***

 

いつも「仕事仕事」言ってごめんなさい…。

子どもはよく見ていますね…汗。

そして最後はちょっと上から目線。

 

笑顔をくれるのは君の方だよ。

ありがとう。

 

 

 

そんな長男はちょっと風邪気味。

 

次男手足口病からの、水いぼ、と季節の感染症をもれなくおさえ、

今週末は自宅でテレビ三昧からの風呂場で水風船遊び。

 f:id:tomoswords:20170709165039j:plain

この間はお風呂が水風船で溢れました。

 

風呂掃除のたびにバケツで移動…

f:id:tomoswords:20170709165324j:plain

子どもと暮らすって、おもしろい、っていうけど

おもしろくしないとやってられないのかも。

 

これは自作の「おしっこ漏れちゃう君」

 f:id:tomoswords:20170709165430j:plain

ペットボトルに絵をかいて、穴をあけて作りました。

 

男子に下ネタは鉄板。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子育て便利グッズ ~歯磨き編

文明がどんなに進化しても、ほとんど形状が変わらないもの。

傘と歯ブラシ。

なんかもー、
自動で洗濯物が畳める時代なんだから、
全自動で完璧に歯が磨ける機械くらいできても良さそうなのに。

というか、歯の形状ってどうしてこんなに複雑なの。人類もっと進化して、いっそのこと奥歯なんて横続きのまっ平らな歯でもよくない?すりつぶすだけっしょ?

と、文句を垂れながら子どもの仕上げ磨きを毎晩するわけです。

しかも彼等はじっとしない。

お構い無くしゃべる、
磨きながらブロックで遊ぶ、
唾でうがいを始める(危険..)。

で、そんなときに歯磨きを楽にするアイテム。

染めだし液。

よく歯医者さんとかで磨きかたチェックで使う、
食べかすがまっかっかになる、あれです。

小さいサイズを買ってきて、
歯を磨く前に子どもの歯に綿棒でぬりぬり。
(服や壁についたら取れにくいので注意です!)

手鏡を持たせ、あとは自分で赤いのがんばって落としてごらーん、と歯ブラシ渡すだけ。

もう、みるみる汚れが落ちるのが楽しくて自分たちだけでピッカピカにしてきますよ。

次男はさすがに仕上げをしてあげて。
でもちょっと残った赤い汚れを落とすだけなので一分もかからず。

サッサと終了~。

時間というより、体力的に楽です。
ギャーギャー注意しながら磨くのと大違い。

唯一の心配は毎日使うと何か体の中が真っ赤になりそうで怖いので、一週間に一回くらい、もう無理!というときにゲームとして投入してます。

まあ、お医者さんで使ってるものなので害はないでしょうが。何かね。

おすすめです。


おしまい

子育て便利グッズ ~お風呂編

週末、溶連菌に苦しみました。

世の中には辛い病気がたくさんあるのですね。
ロタとかノロとかも胃腸炎も辛かったなあ..(遠い目)

ほとんど子供の体内で凶悪化して大人に移るから、もうたちが悪いのなんの。

まだちょっと頭が痛いのですが、気圧のせいなのか、疲れのせいなのか。ああ、休みたい。温泉行きたい。



子どもの頭が臭くなる季節がやって来ましたね。


冬は最悪湯に浸かればいっかなー、と思うのですが今はさすがに頭と体を毎日洗いたい。

しかしまあ、体を洗え、頭を洗えと何度言えども通じず疲弊する毎日。お風呂でも癒されない日々。

そんな時、我が家では、石鹸を使います。

一人一個渡して、頭と体をすりすり、アワアワさせて遊ばせて、終わったら湯船に頭からどぼーん!プールみたいに泳いであそんで、はい、終わり。


楽チンです。


ボディソープは泡切れが悪いので、石鹸がいいみたいです。
頂き物のオーガニックとか、ちょっと体に良さそうだと安心(笑)

皮膚の弱い子や髪の毛の長い子は難しいかなー、と思いますが、イガグリ坊主にはこれで十分かと。


はー、でもやっぱ温泉でのんびりしたいなあ。


おしまい

親業育児日記 朝の一コマ

子育てをして早7年半、
最後に機嫌よく爽やかに迎えた朝はいつだったか…

今朝も次男のゴネから始まる午前6時。
 
約束の時間が過ぎていたので、
見たいテレビ番組が見れなかったことに腹を立て、

なだめてもだめ、
気持ちをくんでもだめ、
提案してもだめ、
 
で、私も「勝手にして」モードに。
(朝はとにかくゆとりがない・・・)
 
次男、布団の部屋に閉じこもり
しばらくメソメソぶつぶつ・・・
 
絶対私に聞こえるように言ってる(笑)
 

「ああああ~、面倒くさいな。あと30分で家を出なくちゃ行けないのに・・・
また今日も疲れて登園か・・・」
と思って、朝食の支度をしていたら、
 
10分くらいでケロッとした表情で出てきた。
 
 
トコトコ、リビングにやってきて、

「りおくん、サンドイッチ食べる~」
(語尾にハート)とな。
 
 
むしゃむしゃ食べてご機嫌。
いったい何だったの???
と、拍子抜け。
 

でも、
思い返すと私も子どもの時、
感情をワ~ッと吐き出した後は、自分でもびっくりなくらいケロッとしてしまい、
 

(あ、なんかお腹空いた)
(向こうの部屋、楽しそう・・・)
(お母さん、怒ってるかな?)
 
 
なんて、
自分が怒っていたことなどすっかり忘れて、
あとはひたすら
「どう家族の場所に戻るか」を考えて、
出方をうかがってたっけ。

ネガな感情は、
子どもでも時間や距離をとるなど、
自分なりに工夫して乗り越えていける。

困ったことは、
子どものネガの感情は、なんだかどうして親は自分ごととして受け取ってしまうということ。

もしくは、別のネガの感情
(どうしてこの子はわがままばかり!といった怒りなど)
を引き起こしやすいということ。
 

私なんか、本当に影響を受けまくりで、
正直毎日この感情との闘い・・・。
 

気持ちをくんで、話を聞いて、
それでも相手が落ち着かなかったら、
すこし距離を置いて自分で消化するのを待つのも大切だ、と気づかされた出来事。
 
 
なんでもかんでも手を焼いてしまいがちな親心。

難しいなあ、切ないな。
 

おしまい

親業育児日記 「寂しい」の本当の意味

私が最初に親業の講習を受講したのは、2013年の4月。

長男が4歳、次男を妊娠中の時。

産休入りして、翌日行ったなあ…。

会社より長時間座っての座学、我ながら根性あるよなあ…。

 

そんな習いたて当初に「ああ、親業に出会ってよかった」と思った出来事。

 

 ***

 

夜、なかなか寝付かない息子が、寂しい、寂しいと言うので、

いったい何が寂しいのだろう?

 

「暗くて怖いの?」

「寝るのが寂しいの?」

 

といろいろ聞いても、寂しい、寂しい、の繰り返し。

 

なんか変だ。

これはきっと、別の感情の「サイン」だ。

 

そう感じて

「何か、お話ししたい気持ちなのかな?」

「寂しいって、どんな寂しい気持ちなのか、教えてくれると嬉しいな」

などと、能動的に聞く&私メッセージで粘り強く聞いてみると…

 

 

次第に、ぽつぽつと、話してくれた。

 

どうやら昼間、映画館の帰りに立ち寄ったお店で

展示のオモチャで遊びたかったのに、

私に我慢させられのをずっと抱え込んでたらしい。

 

彼の前に、少し大きい女の子が遊んでいて、

うしろで待ってれば、自分も遊べると思ってたのに…と。

泣きながら訴える姿に猛省。

 

私、良くその状況も見ず、

「あ~~、触らせると壊しちゃうかも!!」

「買って~とか、駄々こねないうちに帰ろう!!」

 

と思ってたなぁ。

 

確かに先に触っている子がいたのなら、

お試しできるオモチャだっただろうし、壊すことも、まあないだろう。

(そもそも壊す前から、壊すって決めつけてた)

 

ちょっと触ってみたい、見たい、遊びたい、と、

買って欲しい、という気持ちは別なのだ。

先回りしてしまった。

育児はその子の今を良く見ることだ、と痛感…。

 

 

 

親業を勉強していたから、

何度も「寂しい」を繰り返す息子に

「本当に言いたいことはほかにある」とピン、とサインを感じ取れた。


「寂しいんだ、大丈夫よ~、とんとんしてあげるからね!」なんて

見当違いの受け答えをせずに済んだ。

それじゃ、彼の本音をちゃんと聞き出せなかった。

 

 

「頑張ってるの」と何度も繰り返す息子。

こんなに小さい体と頭でたくさん考えて溜め込んでるんだなぁ…と。

もうすぐ、下の子が産まれるし、

きっと知らない合間に我慢をさせてしまっていたのかな。

ごめんね、頑張ってるんだよね。

 

 

たくさん吐き出し、落ち着いたのか、

急にストン、と寝た息子。

 

最後に「ママ大好き」と言ってくれた。

本当に、本当にうれしかった。

 

ありがとう、大好きだよ。

 

 

おしまい